So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
介護リフォーム雑記帖 ブログトップ

介護保険住宅改修工事~トイレ手すり取付け編 [介護リフォーム雑記帖]

っまいど、おおきに!歓迎光臨(いらっしゃいませ)、まつもっくりです!

 3月も下旬に入りましたが、そう簡単には暖かくなってくれませんね。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、東北・東日本の被災地の皆さんにおかれましては、

本当に辛く寒い日が続いている事と存じます。心よりお見舞い申し上げます。

トイレや水道が思うように使えず、ご不便な生活を強いられていることでしょう。一日も早い復旧を願って止みません。 

 さて今回の記事は、そんなトイレに手すりを取付けたリフォーム工事についてです。

 トイレ手すり完了.jpg←トイレにL型の手すりを取り付けました。

 昨年11月中頃、一人の若い女性がまつもっくりを訪ねて来られました。

・・・「こちらで手すりをつけてもらえるんでしょうか?」

話をお聞きすると、「母とマンションで2人暮らしをしているのだが、母がある日突然起き上がれなくなり、救急車で病院へ運ばれたのです。」

 「退院までまだしばらくかかるが、退院して来た時に手すりがないと家の中を歩くこともできないのです・・・」と、途方に暮れた様子でした。

 玄関廊下-施工前.jpg←玄関付近の様子。リビングまでの廊下(約4m)には、手すりがないと歩行するのに不安が残ります。

 突然立ち上がれなくなった理由は、持病の膝関節炎の悪化。

 お母様が退院するまではどうする事も出来ないので、とりあえずは現地での見積りのみに留めておきました。

 そして、お母様退院後の歩行の状態を確認したのち、後日手すりを取り付けることにしました。

 トイレ手すり-施工前.jpg←トイレの手すりを取付ける位置を出す、橘昇工藝の大道(おおみち)大工。心強い味方です。

 手作り家具屋「まつもっくり」の母体は、実は住宅の建材を扱うお店(「大松建販(だいまつけんぱん)」)。この大松建販のお得意先は、ほとんどが大工さんや工務店さんなのです。

 まつもっくりは、この大工さんや工務店さんとのネットワークを活かし、住まいのリフォーム相談を受けているのです。

 トイレ手すり-施工途中.jpg←手すりを取り付ける場所に、下地を埋め込む作業を行います。壁紙(クロス)を四角くめくっています。

 そして、2月下旬にお母様が退院して来られました。病院でのリハビリの成果もあり、私が想像していたよりはシャンと立って歩くご様子。

 ただ、日中はお母様お一人になってしまうので、手すりは不可欠に感じました。

担当のケアマネージャーさんと相談の上、トイレ・廊下・寝室に計8か所手すりを取付ける事になりました。

 トイレ手すり完了.jpg←パナソニック電工製L型手すり設置完了!お母様の立ち上がり易い位置に取り付けました。

 今回のリフォームの目玉は、何といっても介護保険の「住宅改修費給付券」制度を利用したこと。

これは、介護保険を使って住宅を改修(手すりの取付けや段差の解消等)すると、被保険者の負担が支払総額の1割(10%負担)で済むというもの。

 20万円までの住宅改修工事なら、被保険者の支払いは総額の1割。残りの9割は大阪市が負担してくれるというのです。

 トイレ手すり右-完了.jpg←トイレの右側にもL型手すり。これで、左右両方に手すりがついたので、安心して立ったり座ったり出来ますね。

 負担1割なら、被保険者も迷わず住宅改修できるところです。本当にありがたい制度だと思いました。

 私もこの制度を利用してのリフォームは初めてだったので、申請には少々手こずりました。が、一度やってしまえばあとは「慣れ」です。

 010.JPG←玄関廊下に手すりを取付ける前の状態。ブラケット(手すり取付け金具)を4か所取付けています。

 工事は2日間で無事完了し、お母様も喜んで頂けたご様子。やはり、手すりがあることで格段の安心感につながるのでしょうね。

 019.JPG←玄関から寝室までの廊下に安心の1本!工事完了です!

 工事完了時にお聞きした話なのですが、実は脚が痛くなるまでは、人ともあまり会話されなかったらしいのです。

 しかし、この関節炎で入院し、リハビリしてから「自分が変わった」と仰るのです。

 お母様のために介護に関わる方々が色々とご尽力下さるうちに、自然と会話し、笑顔が出るようになったというのです。

 「ひょっとしたら、お母様が笑顔を取り戻すために膝が痛くなったのかも知れませんね。ある意味で感謝しなきゃいけないかも知れないですね。」

 そんな話をさせて頂き、お母様の晴れ晴れとした表情が印象に残った工事でした。

 最後に被災された方々におかれましても、さまざまな困難があろうかと存じます。しかし、いつの日かこの震災があった事に感謝できる日が必ず来ることを念じて止みません。

 決して無理をなさらぬよう。必ず笑顔は戻ってきますので・・・!

           以上、まつもっくりでした~!!![晴れ][晴れ][わーい(嬉しい顔)]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

玄関収納の依頼~高齢者リフォーム編 [介護リフォーム雑記帖]

っまいど、おおきに!歓迎光臨(いらっしゃいませ)、まつもっくりです!

 つい先日4月に入ったと思ったら、あっという間にもうゴールデンウィーク。

この4月は雨が多い天候不順な一月でした。まさに「穀雨(こくう)」となりましたネ。

5月に入れば、いよいよ「立夏(りっか)」。もう初夏ですね!

 さて、今回の記事は、玄関収納の依頼です。

 玄関収納施工前.JPG

↑↑↑下駄箱を撤去したあと、そのまま放ったらかしのままの玄関。ブリキのトタン波板がむき出しになってます。左に見えるのが、自動昇降機の椅子です。

 先月3/27土の親子木工体験のあと、ある上品な奥様がシニアカー(歩行が不自由な方用のゆっくりと進むバイク)に乗って現われました。

 やや困惑気味に「うちの玄関収納を作ってもらえないかしら・・・。」との事。

どうされたのか伺うと、先日自宅の階段に自動昇降機を取り付けてもらったところ、

その昇降機が既存の下駄箱に当たってしまうという事で、業者の方が下駄箱を撤去してしまったそうです。

 玄関収納本体制作状況.JPG

↑↑↑玄関収納の外枠。巾85㎝×高さ94㎝×奥41㎝あります。

 下駄箱を撤去したまではよかったのですが、その業者の方が言うに、現状復旧するのに「消防法」に引っかかるので、

下手に工事する訳にいかないという理由で、結局放ったらかしで帰ってしまったそう。

こんな事が実際にあるんですねえ。ホントに驚きました。信じられません!!!

 玄関収納扉制作状況.JPG 

↑↑↑こちらが玄関収納の扉です。2枚の観音開きです。

 早速現地へ赴き、その場で玄関収納のスケッチ画を描いて、採寸を行いました。後日おおよその見積もり金額を出すと、すぐにOKが出ましたので、急ぎ制作にかかりました。

 玄関収納塗装状況.JPG

↑↑↑塗装が完了。現場の色に合わせるために、濃いめの茶色にさらに黒を混ぜて濃くしました。

 その女性がおっしゃるには、「場所が玄関だけに、少しでも速く取り付けてほしい」との事でした。

それはそうでしょう。誰だってあんなままで玄関を放っとかれたらイヤですよネ!

 玄関収納扉開放.JPG

↑↑↑玄関収納が完成しました。高さを3段階に調整できる可動棚を2枚取り付けました。靴以外にも色んな大きさの物が収納できるように考慮してます。

 玄関収納施工状況.JPG

↑↑↑今回、現場取り付けをお願いしたのは、われらが「橘昇工藝(たちしょうこうげい)」代表の大道氏です。頼りになる大きな背中。槍鉋(やりがんな)の達人でもあります。

 大道さんに玄関収納の据え付けを行って頂くことで、現場での細部の取り合いをスッキリと納めていただく事が出来ました。ありがとうございます!

 玄関収納施工完了.JPG

↑↑↑そして見事、復旧完了!!! これなら自動昇降機も玄関収納に当たらず、お悩み解消です。濃いめの塗装の色も周囲に合って落ち着いた感じに仕上がってます。

 元のように戻ったかどうかはわかりませんが、玄関スッキリ、収納も確保できました。

 玄関収納完了扉開放.JPG

↑↑↑玄関収納の扉開放状況。2枚の中棚でたっぷりと収納することが出来ますネ。

 玄関収納巾木.JPG

↑↑↑玄関収納の下部の細長い板は、幕板です。黒いタイルとの境に下地の材木が丸見えだったので、幕板を取り付けることで、「アラ隠し」とタイルの「見切り」を兼ねています。

 大道さんとコラボレーションさせていただく事で、上記のような目に見えない部分もスッキリと納める術(すべ)を学びました。感謝感激です。

 笑顔で施工完了!.JPG

↑↑↑無事工事完了し、ご満悦のMさん。御年なんと88歳!!!現場たたき上げの職人さんです。

 奥様にもとても喜んでいただき、玄関収納の上には、きれいな鉢植えが置かれました。お気に入りの空間になっていただければこちらとしても望外の喜びです。

 まつもっくりは、今年から木工を通して知り合った方々と「安心ひがしなリフォーム隊」を結成しました。

おもに東成区に住むお年寄りや障害者の方々の住まいの悩みを解決していこう!との趣旨に賛同していただいた方々にご参加いただき、今回の記事のようなリフォーム工事を行う所存です。

 まだまだ駆け出しではありますが、少しでもわがまち東成区のために力を集めよう!と尽力しているグループです。

いい加減な工事や悪徳リフォームが横行しているやに聞く昨今、我々のような真面目なリフォーム団体もあるという事をどうぞご理解下さい。

 長くなりましたが、記念すべき「安心ひがしなリフォーム隊第1号工事」としてご報告させていただきました。

           以上、まつもっくりでした~!!![家][家][家][ひらめき]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
介護リフォーム雑記帖 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。